毛穴スキンケアにおすすめ化粧水ランキング

毛穴を美しくするスキンケアとは?

『なんだか毛穴が開いて目立つ…』
『毛穴を閉じてきれいな肌にしたい』
『毛穴が黒ずんでてきれいに見えない』

 

そんな風に感じること、思うことはありますか?

 

実際お肌の悩みに関するアンケートでも上位に来るのが
この毛穴の悩みです。

 

ここでは毛穴のスキンケアに特化して対処法とおすすめアイテムを
合わせて紹介していきたいと思います!

 

 

そもそもどうして毛穴トラブルが起きるの?

 

毛穴トラブルの原因をまず見ていきましょう。

 

たとえば、たるみ毛穴
たるみ毛穴は頬の毛穴が開いて下がってきている毛穴です。
これはコラーゲンの減少やセラミドの減少肌のハリや
水分保持能力が失われてしまっている
ことから引き起こされます。

 

次にメラニン毛穴
メラニン毛穴は毛穴が黒ずんでいるという特徴があります。
毛穴のくぼんだ部分や炎症を起こしている部分が色素沈着を起こして
黒ずみとなって見えるようになります。

 

 

毛穴トラブルを解決するおすすめのスキンケアとは?

 

先にも挙げた通り、
たるみ毛穴の原因はコラーゲンの減少やセラミドの減少です。
それらが減少することによって肌のハリやみずみずしさが
失われてしまうことで、乾燥と共に毛穴が開き、
たるみがもたらされてしまいます。

 

この毛穴トラブルを解決する効果抜群の方法は、肌にたっぷりの潤いを
補うとともにその潤いをしっかりキープできるようにするという方法です。

 

具体的には、セラミドをたっぷり肌に補うことがおすすめの方法です。

 

セラミドは年齢を重ねるとともに減少していく成分なのですが、
このセラミドは肌の潤い度に直結している成分です。
細胞を浸す水分をしっかりキャッチして逃さない
「水分保持機能」を持っているのがこのセラミドで、
潤いを逃さず、肌をずっとみずみずしいままにしてくれます。

 

近年では、科学技術の発展によりセラミドを「ナノ化」して
より細かく深く浸透しやすくした「ナノセラミド」を含んだ化粧水が
出てきています。

 

もちろん、普通のセラミドを補うだけでも肌の潤いが変わり、
毛穴トラブルもぐっと減少すると思います。

 

ですが、せっかくナノセラミドというものが登場しているので、
ナノセラミドを配合した化粧水によるスキンケアがおすすめです。

 

毛穴の黒ずみまで美白ケアするには?

 

毛穴トラブルの基本となるケアは今紹介した通りになりますが、
メラニンによる黒ずみが見られるメラニン毛穴の場合には、
美白ケアに繋がる成分を含んだ化粧水を使うといいでしょう。

 

具体的には、高い美白効果が得られる
「ビタミンC誘導体」という成分を配合している
化粧水がおすすめです。

 

ビタミンC誘導体とは?

 

ビタミンCはそのまま肌につけても浸透しにくいという欠点があります。
その欠点を解決したのがビタミンC誘導体です。

 

肌に浸透してからビタミンCに化けてくれて効果を発揮してくれます。

 

・シミの予防や改善
・ニキビの予防やニキビ跡の改善
・コラーゲンの生成を促進
・ターンオーバーの改善

 

などなど、多くの非常に有用な効果を発揮してくれます。

 

 

毛穴のスキンケアでベストなのは?

 

黒ずみは気にならない、美白は特にいいかな、という場合は
セラミド(特にナノセラミド)をしっかり補うことができれば大丈夫でしょう。

 

毛穴の黒ずみも気になる、毛穴の美白ケア含めた毛穴のスキンケア
しっかりしたい、という場合にはナノセラミドとビタミンC誘導体の両方を
配合したもの
をチョイスするとバッチリです。

 

それでは、毛穴スキンケアでおすすめの化粧水をランキング形式で
ご紹介していきます!

 

ぜひ1つチョイスして試してみてください!

毛穴スキンケアおすすめ化粧水ランキング

アスタリフトホワイト
ランキングNo.1は「アスタリフトホワイト」です!

セラミドは肌に浸透して肌の潤いをダイレクトに
もたらしてくれますし、毛穴トラブルの改善を含めた
毛穴スキンケアにピッタリで不可欠な成分です。

 

中でもこのアスタリフトホワイトは
浸透力がズバ抜けて高い「ナノセラミド」
(最新技術でナノ化されたセラミド)を配合しています。

 

それと合わせて「アスタリフト『ホワイト』」と名の付く通り、
シミ予防や美白効果まで得られるようになっています。
それによって毛穴の黒ずみまでバッチリカバーできるので、
ランキングNo.1になっています!

価格 成分 評価
1,080円 ナノセラミド、ナノAMA、ツボ草エキスなど 毛穴,スキンケア,おすすめ,化粧水

 

アヤナス
第2位はアスタリフトに並んで人気の「アヤナス」です。

こちらもただのセラミドではなく、ナノセラミドを配合した化粧水で
肌に十分な潤いをもたらしてくれ、毛穴トラブル改善が期待できます。
毛穴のケア含めたスキンケアにおすすめの化粧水です。
1位のアスタリフトホワイトは「潤い×美白効果」による
毛穴スキンケアが見込めるものですが、
アヤナスは肌の潤いに特化してスキンケアができる
化粧水となっています。

価格 成分 評価
1,480円 セラミドナノスフィア、コウキエキス、ジンセンXなど 毛穴,スキンケア,おすすめ,化粧水

 

つつむ
第3位は「つつむ」です。

敏感肌のバリア機能の徹底サポートを目指して
作られた高保湿スキンケア化粧水です。
ナノ化された庚申塔訪室成分である
セラミドナノスフィアの細胞間脂質への補給をはじめとした
チェーンモイスチャライジングシステムによって
毛穴トラブルに有効なスキンケアができます。

価格 成分 評価
1,470円 セラミドナノスフィア、アルギニン、セリン、アラニンなど 毛穴,スキンケア,おすすめ,化粧水

 

サエル
肌のシミやくすみのない透明美肌への生まれ変わりを

めざして作られた化粧水です。
エスクレシドやアルブチン、デイリリー花発酵液などの
配合によって、シミの原因となるメラニンの生成を
抑制するように作られています。
保湿効果やリフレッシュ効果のある天然植物成分によって
ローズとローズマリーの香りがします。

価格 成分 評価
1,480円 ナノセラミド、コウキエキス、エスクレシド、アルブチン、デイリリー花発酵液など 毛穴,スキンケア,おすすめ,化粧水

 

ライスフォース
目指せすっぴん美肌、で作られたライスフォース。

近年話題になっているお米由来の美肌成分である
ライスパワーエキスNo.11を配合することで、
肌の水分保持力の改善から肌の潤いとそれによる
毛穴トラブルの改善が期待できます。
話題のライスパワーエキス配合ということで
第5位にランクイン。

価格 成分 評価
1,400円 ライスパワーエキスNo.11、ヒアルロン酸、リン脂質、スクワランなど 毛穴,スキンケア,おすすめ,化粧水

毛穴スキンケアに効果抜群のセラミド、だけど大事な種類の把握!

あなたももしかしたら「セラミド」というものを
すでに耳にしたことがあったかもしれません。

 

上の方でも簡単にセラミドについては触れましたが、
実はこのセラミドにはいくつかの種類があります。

 

いずれのセラミドであっても肌に潤いを与えてくれて、
毛穴トラブルの改善などスキンケア効果が期待できますが
もう一歩踏み込んでセラミドの種類まで把握して化粧水を
選ぶことができるとバッチリです!

 

@ヒト型セラミド

セラミド1、セラミド2、セラミドNP、セラミドAPなどと
表記されることがあるセラミドです。

 

人のセラミドに限りなく近いセラミドで、
酵母を利用して作られています。

 

人のセラミドに最も近いので、最も毛穴のスキンケア効果が
期待できます。

 

配合されているセラミドがこのセラミドなのかどうかを
見極めることが実は重要。

 

A合成セラミド(擬似セラミド)

セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドと書かれていることのある
セラミドが合成セラミド(擬似セラミド)です。
セラミドに似た物質を化学的に合成して作られています。

 

B動物性セラミド

「動物性」という名がついていることからも想像がつくかもしれませんが、
このセラミドは馬などの脳や脊椎から抽出して作った動物由来のセラミドです。
ビオセラミド、セレブロシド、ウマスフィンゴ脂質と成分表示に表記されていたら
この動物性のものです。

 

C植物性セラミド

先ほどの動物性のセラミドに対して、こちらはコメやトウモロコシ、
大豆などの植物由来のセラミドです。
植物性セエラミド、コメヌカスフィンゴ糖物質と書かれているものは
この植物由来のセラミドです。

 

 

セラミドはセラミドでも、ヒト型セラミドが断然No.1である理由

 

動物性セラミドや植物性セラミドはまとめて「天然セラミド」
と呼ばれることもあります。

 

そして天然セラミドという名を聞くと、
「天然」と名がついているので
とてもいいセラミドのように思えます。

 

もし前情報が何もなくてセラミド配合の化粧水を選ぼうとしたら
迷わずこの「天然セラミド」を選ぶ人ももしかしたら多いかもしれません。

 

たしかに「天然」と名のつくものにはとてもいいものが多いですよね。
でも、このセラミドの場合には実は「ヒト型セラミド」が私たちに
ピッタリ合っています!

 

 

セラミドもどきに注意!天然セラミドはセラミドもどき?

 

今4種類のセラミドを簡単にまとめてご紹介しましたが、
一口にセラミドと言っても、この4つのセラミドは
それぞれが似ているようで全く異なるものなんですね。

 

たとえば「動物性セラミドや植物性セラミド」というのは
厳密に言うとセラミドではないんですね。

 

なんなのかと言うと実は「セラミド前駆体」と呼ばれるものです。

 

このセラミド前駆体というのは、簡単に言うと
「セラミドに変身する前」のものです。

 

 

『でも、セラミドに変わるものなら効果あるのでは?』

 

とも思われるかもしれません。

 

 

たしかにそんな感じがするのですが、
実はこのセラミド前駆体というのはちょっと変わり者です。

 

このセラミド前駆体がセラミドに変わるタイミングというのが
ありまして、そのタイミングというのが
「肌の内側から外側(表面)に出てくるとき」
なんですね。

 

ここがキーポイントです。

 

化粧水などで天然セラミド(動物性セラミドや植物性セラミド)を補う
というのは当然「外側から補う」ことを意味します。

 

そしてセラミド前駆体を外側から補ってもちゃんとセラミドに変わるかどうか、
というのは実はまだわかっていないんですね。

 

つまり、人型セラミドを直接肌に補う分には、バッチリ効果があるのですが
セラミド前駆体である天然セラミドを化粧水などで補う場合には
ちゃんと効果があるかわからない!というのが隠れた実情です。

 

なので、人のセラミドに最も近いという点でも人型セラミドがオススメですが、
外側から補ってもしっかりとセラミドとして作用してくれる人型セラミドのものを
選ぶのはとても大事です。

 

せっかくちゃんと化粧水で補っているのに
効果がないなんてもったいないですからね!

 

近年話題の最新技術「ナノ化」とは?

 

近年話題の技術の1つに「ナノ化」という技術があります。
1つ例を挙げると、このナノ化の技術で秀でていて有名なのは
富士フイルムのアスタリフトホワイトです。

 

「ナノ」という単位は「マイクロメートル」のさらにもう1つ下の単位です。

 

例えば肌や体を作る細胞は直径約10マイクロメートルなのですが、
さらにその1/100以下の小さなサイズが「ナノ」というサイズなんですね。

 

私たちの細胞の1/100以下のサイズというのは小さすぎてなかなか
イメージしにくいかもしれませんが、
それくらいに圧倒的に小さなサイズに成分をナノ化することで
セラミドをはじめとした成分をしっかり深く浸透しやすくしているわけです。

 

 

ナノ化のメリットとは?

 

ナノ化すると浸透しやすくなるとメリットの1つを
今かんたんに紹介しましたが、
さらに丁寧にメリットを見ていきましょう。

 

主に2つの大きなメリットがあります。

 

まず1つ目は、成分をナノ化することによって各成分のもつ性能を
最大限に引き出すことができる
ようになるということです。

 

これはあまり知られていないことでもあるのですが
実は成分によっては「化粧品に安定して配合」することが
非常に難しいことがあります。

 

優れた性能や効果のある成分だとしても上手く化粧品に配合できないと
その成分の十分な効果を得られないということですね。
なかなかもどかしいものですね。

 

それがナノ化の技術によって安定した形で化粧品に配合できるようになったのです。
そしてその結果として優れた成分の性能や効果を最大限に発揮できるようになりました。

 

 

続いて2つ目のメリットにいきたいと思います。

 

ナノ化は、これまでの一般的な技術で作られた成分のサイズでは
浸透しなかったような肌(角層)の奥まで届くことを可能にしています。

 

これまでであれば成分のサイズの影響で
肌の表面付近までしか浸透させることができない
ということがありました。

 

つまり、肌の表面付近で成分が働くという状態ですね。

 

それがナノ化によってこれまでよりもずっと奥まで浸透するようになり、
奥の奥で成分が効果を発揮するようになりました。

 

たとえば1つの具体例としてナノ化されたナノセラミドを挙げることができます。
セラミドは細菌などの外敵から肌を守ってくれるバリア機能を
果たしてくれる優秀な成分なのですが、水や油に溶けにくい性質があることで、
これまでの技術レベルでは肌に浸透させることが困難でした。

 

ですが、そんなセラミドをナノ化することによって
その問題を見事にクリアし、浸透させることができるようになっています。

 

ナノ化したセラミドは通常サイズの約9倍の浸透力があることもわかっています。

 

 

セラミドを補うと毛穴はどうなる?

 

セラミドはもともと肌にあるものではあります。
ですが年齢を重ねるとともに肌のセラミド量は徐々に減少していってしまいます。

 

そうすると、肌が乾燥しやすくなり、肌を守ってくれるバリア機能も
弱まって肌がダメージを受けやすくなってしまうんですね。

 

ですが、セラミドをしっかりと補ってあげることができると、
肌が潤い、さらにその潤いがキープされるようになり、
皮脂の過剰分泌をも改善することができます。

 

そして皮脂の過剰分泌の改善自体がセラミドの流出を
防ぐことにもつながって、角栓の除去にまで効果的です。

 

結果的に、鼻の黒ずみなど毛穴の黒ずみの改善が期待できます。

 

 

ランキング1位のアスタリフトホワイトの秘密

 

毛穴に効果抜群のセラミドを含む化粧水の人気ランキング1位は
富士フイルムのアスタリフトホワイトです。

 

通常のセラミドを補うだけでも、ある程度の肌の潤いを得られたり、
その潤いをキープできたり、肌のバリア機能の向上は期待できると思います。
そして、毛穴トラブルを改善できたり、毛穴がきれいになることも期待できます。

 

しかしながら先ほども説明させていただいた通り、セラミドは
水や油に溶けにくい性質があるために一般的な通常のサイズの状態だと
肌の奥までは届かずに表面でしか効果を発揮できないということがあります。

 

なので、セラミドをナノ化した「ナノセラミド」を配合した化粧水を選ぶことで、
肌の奥まで浸透させられるようにすることが大事です。

 

さらに、ただナノ化されたナノセラミドではなく、人のセラミドに最も近い
ヒト型セラミドのナノセラミドのものがオススメです。

 

ナノ化したヒト型セラミドを配合していることに加えて、
美白効果も合わせ持っていてより綺麗な肌への生まれ変わりを
期待できるという点で、アスタリフトホワイトが
人気No.1となっています。

 

どうして富士フイルムが化粧品?富士フイルムのナノ化技術の秘密

 

でも、もしかしたらどうして化粧品なのに「富士フイルム」?
と思ったかもしれません。

 

富士フイルムはその名の通りもともとはカメラに関するメーカーです。
一見まったく関係ない分野に思えるのですが、実は「ナノ」の世界で共通するところが
あったのです。

 

そしてここにこそ他の会社が持つことのできない技術的特徴が隠れています。

 

写真を美しく仕上げるために必要なのは実は「ナノ」サイズでの技術です。

 

というのは、写真を美しく仕上げるときに「極薄の写真フィルム」の中の
決められたところに「微粒子」を適切に綺麗に並べるという技術が不可欠で、
そういった技術が用いられています。

 

実はこの部分が「人の肌に必要な成分を届ける」ことと非常に似ています。

 

写真フイルムの決めらたところに様々な効果を持った微粒子を
適切に並べるという「ナノの世界」の技術が化粧品開発の技術に応用されることで、
肌に対して「ナノレベル」でセラミドなどの肌に有効な成分をきめ細かく、そして
深く供給することを可能にしています。

 

「カメラ」と「化粧品」というとまったく接点が見られないように感じますが、
実はこんな「ナノレベル」での共通点があったのですね!